1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 安い葬儀場を選んでも失敗しない!どんな点に注意すべきなの?
2019.02.21
91 views

安い葬儀場を選んでも失敗しない!どんな点に注意すべきなの?

葬儀場の意味と斎場の違いは?

葬儀場とは、葬儀を行う場所というざっくりとしたイメージを持っている方が多いと思います。確かに間違いではありませんが、正確には葬儀場の他にも斎場、式場、メモリアルホールなどの呼び名があってその違いがよくわからないものです。特に、斎場との違いははっきりと説明できる方は少ないかもしれません。

斎場と葬儀場の違いは、はっきりとした定義が存在していないのが実情でありますが、一般的には同じ意味という認識となっています。ただ、さまざまな呼び名があって混乱しやすくなっています。未だに統一化の動きは見られませんので、自分自身でどちらであるかをしっかりと見極めることが重要です。

斎場とはどんなところ?

神道の儀式を行う場所!

では、斎場という言葉はどのようにして使用されてきたのでしょうか?斎場の歴史は実に古く、日本古来の宗教として知られている、神道の儀式を行うために設けられる場のことを指しています。神道においては、原則的に社殿や境内に遺体や遺骨を搬送することが許可されていませんでした。

神道で葬儀を行う際には、事前に神社から離れた場所に斎場と呼ばれるエリアを作り、神官と遺族が神葬祭を実施していました。現在、日本の葬儀の約9割以上は仏式で実施されているのですが、日本古来の葬儀の伝統として斎場という言葉が使用されています。

現代の斎場の定義は?

現代における斎場の定義としては、葬式を行える場所であり、特に葬式の実施に特化した施設のことを指しています。昔は自宅葬が一般的であったのですが、特に都心ではマンションなどに住むことが多くなり、自宅での葬儀ができない環境が増えてきました。

そこで、自宅葬から会場葬に徐々にシフトしていったわけですが、葬儀会場として使われる場所がいつの日か斎場と呼ばれるようになり、それが一般化しているのが実情です。斎場では、祭壇や仏花などの葬儀に必要なものであったり、僧侶など宗教家の手配を一手に引き受けてもらえたりします。

他にも、施設として葬儀が行われるまで遺体を安置できる霊安室や、遺族や親族向けの控え室も用意されています。更に、最近では通夜ぶるまいなどの料理も提供する施設を併設しているケースもあり、より便利となっている印象があります。

公営と民営の斎場がある!

斎場のイメージといえば、民間であるイメージが強いのですが、実際には自治体が運営する公営の斎場が存在しています。また、互助会や寺院などが保有していることもあり、実際には多彩な運営方式を採用しているのです。

公営の斎場は、利用料が民間と比較してリーズナブルな価格に設定されていることが多いです。これは、公営ですので利益度外視でサービスを重視して提供しているためです。火葬場が併設されている斎場も多いので、移動の手間を省けるという点も魅力となっています。

価格と手軽さから利用希望者が多く、希望の日程で利用できないことが多いのが難点です。場合によっては、利用予約してから10日後になることもケースも見られます。他にも、火葬場がある斎場の場合、最寄り駅から遠い位置にある会場が多い点もデメリットです。

民間の斎場の場合、最寄り駅から近い位置にある場合が多いので、遺族側も参列される方にとってありがたい存在です。また、公営斎場と比較してダントツで数が多いこともあり、希望日に予約が取りやすいという点も魅力的です。但し、費用面については高くなる傾向がありますし、火葬場を併設している斎場は極わずかでしょう。

正確には、民営の斎場は2種類に分類されます。ひとつは葬儀社が運営する斎場であり、この場合は斎場を運営する葬儀社に直接依頼するために、他の葬儀社を選択する余地はありません。もうひとつは、葬儀社以外が運営する斎場があり、その場合はさまざまな葬儀社が利用しているので、どの葬儀社にも依頼可能です。

葬儀場を安く利用する方法は?

公営か民間かを選ぶ!

葬儀場を安く利用すると考えた時に、最重要な要素となるのが公営か民営かという点があります。先に紹介した通り、公営の場合は過剰なサービスが少なく、あくまでもシンプルに物事を進めていきます。その中で、最大限のサポートを得ることができて、更に式場費としては最大で1/4程度の費用で利用できます。

以前は民間斎場といえば古くてきれいでないイメージが合ったのですが、最近ではバリアフリーに対応したり、きれいな斎場が増えていたりします。民間の場合、さまざまなオプションを付けたりすることができますし、サポートが公営よりも手厚いことが多いです。また、会場が最寄り駅から近い点も魅力的でしょう。

費用の面についても、さまざまな努力によって公営ほどではないものの、着実に費用の差は埋まっているのが実情です。

葬祭費の補助や扶助制度を利用する

あまり知られていないことなのですが、国民健康保険に加入されている方が亡くなった場合、2年以内に所定の申請することで最大5万円の葬祭費の支給を受けることが可能です。また、社会保険に加入されている方の場合は5万円の埋葬料の受給可能です。細かな金額や受け取り方法はお住まいの地域によって異なりますので、確認した上で申請をするようにしてください。

葬儀保険もある!

世の中にはさまざまな保険が存在していますが、葬儀に特化した保険サービスも存在しています。金額としては決して大きなものではありませんが、少しでも費用を抑えたい場合にはおすすめできます。ただし、保険の申込みから保険期間が開始されるまでのタイムラグがある点には注意が必要です。

いつでも利用可能!いい葬儀

  • いい葬儀

    葬儀にも対応している日本最大級の葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 葬儀社による
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★★

    いい葬儀は、累積相談数30万件以上、顧客満足度No.1を実現している葬儀相談専門サイトです。 専用のフリーダイヤルで24時間365日、いつでも葬儀や搬送の相談が可能、遠距離や海外からの搬送にも応じています。 突然の葬儀や搬送の相談や質問だけでも受け付けているので、困ったときには、フリーダイヤルで相…

24時間いつでも対応可能!

いい葬儀の魅力のひとつに、いつでも利用可能な点があります。急病や事故などで亡くなった場合、夜中でもすぐに連絡して葬儀の手配をしなければならないことがあります。その点で、いい葬儀では年中無休で24時間電話対応をしているのが特徴です。

ここでは、具体的な葬儀の手配だけでなく、事前の相談や見積もりも撮ることが可能です。親切丁寧なサポートが魅力的で、その手厚さから葬儀検索サイト顧客満足度調査において顧客満足度No1を確保しています。ノウハウもダントツで、累計相談37万件以上の実績がありますので、手厚いサポートを得ることができるでしょう。

提携している葬儀場が多い!

いい葬儀では、全国5,000箇所以上の葬儀場や斎場と提携しているのも魅力的です。すでにサービスを開始してから18年以上の実績があることから、全国1,000以上の葬儀社と提携していて、優良なところのみを厳選して紹介してくれます。それで5,000以上の斎場から選ぶことができるのですから、利用価値がありますよね。

ジャンル別の案内もしていただけ、例えば宗派としても天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、本願寺派、真宗大谷派、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、神道、そしてキリスト教まで、ご希望のものから選択可能です。葬儀の種類としても、家族葬から一日葬、一般葬まで多種多様です。費用面という意味でも、多彩なジャンルから選択できるというのは魅力的ですよね。

はじめてガイドも魅力的!

サポート体制も充実しているいい葬儀ですが、ホームページでは葬儀に関するさまざまな情報を提供しています。初めて葬儀をする場合、不安に思うことばかりですが、いい葬儀を利用するとその不安も払拭可能です。よくある質問集があるので、同じような疑問に対して明快な解答を得ることが可能です。

また、基本的な葬儀の流れからマナー、地域別のしきたりなどのかゆいところに手が届く情報の多さには驚かれることばかりです。もちろん、ホームページ上だけでなく、電話問い合わせでも質問に的確に回答していただけますよ。葬儀の口コミも18,000件以上と多く、その評判の高さも伺えるでしょう。

ダントツの安さが魅力的!小さなお葬式

  • 小さなお葬式

    高額になりがちな葬儀費用を抑えることができる「小さなお葬式」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥140,000(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★

    小さなお葬式では、24時間365日、日本全国の葬儀に対応しています。4,000以上の提携式場は全国最多レベル、累計依頼件数は15万件を突破しています。 顧客満足度93.4%の実績で、安心低価格の葬儀を実現。14万円(税込)から利用できる安心のセットプランは、追加料金の心配がいりません。葬儀のことな…

最小限のセットが魅力的!

葬儀をしたくても、さまざまなオプションが付いていて費用がかさばるということがあります。もちろん、これで斎場も利益をあげているのですが、もっとリーズナブルに葬儀を行いたい方にとっては不要と言わざるを得ません。また、葬儀にかかる費用というのは意外とブラックボックスとなっていることが多いのが実情です。

原価がよく理解できていない中で、言われるままの費用を請求されても何も文句は言えないでしょう。その点で、良心的な価格設定となっているところを選びたくなりますが、その上でぜひ、おすすめしたいのが小さなお葬式です。大阪を中心にサービスを提供している小さなお葬式です。

事前に資料請求をする必要がありますが、お葬式が14万円から実施できるとして、多くの話題を呼んでいます。多くのテレビや新聞などのメディアにも取り上げられていて、評判もうなぎのぼりです。徹底したコストカットを実現しており、それは棺桶の値段一つとっても強いコダワリを見せています。他にも、祭壇費や小筒の、枕飾りなどの費用にもメスを入れているのが興味深いですね。

この根底として、小さなお葬式自体が日本の不透明な葬儀価格に疑問を持ったという点からスタートしています。そして、実際に利用された方の意見を最大限取り入れて、この価格を実現している点には拍手を送りたいですね。

追加プランの請求もない!

他のサービスでは、ホームページ上で記載されているプラン以外で、別料金が発生することがあります。明らかにイレギュラーな場合であれば致し方ありませんが、最初からわかっている内容で追加料金が発生するのは嫌ですよね。小さなお葬式では、一部の地域、ご希望の日程、葬儀場以外の要素で別料金が発生することがありません。また、プラン内に明確に付属しているオプションが明確に記載されていますので、相違がなく明快な点も評価できます。

提携斎場も多い!

小さなお葬式では、全国で4,000以上の葬儀場と提携していて、最適な葬儀場を選択してくれます。もちろん、利用者の細かなニーズにまで確実に対応してもらえますので、特殊な葬儀でも安心して任せることが可能です。

電話によって24時間いつでも相談することができますし、サポートされているスタッフさんがホームページ上でさまざまなコメントを発しています。これにより、より身近な存在として絶対的な信頼を寄せることが可能です。更に、ホームページ上でも郵便番号だけ入力すればお近くのおすすめ葬儀場を紹介していただけるサービスも好評を博しています。

きめ細かいサービスが魅力的!葬儀コンシェル

  • 葬儀コンシェル

    セットプランでわかりやすい葬儀を実現している「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、経験豊富なスタッフが24時間365日、突然の葬儀に対応しています。 突然のご危篤やご逝去でも、フリーダイヤルで気軽に相談できるので安心です。 もちろん、葬儀の事前準備にも応じています。じっくり検討したい方は、資料の無料請求がオススメ。簡単60秒の入力で3日以内にパンフレットが届…

葬儀の規模に合わせたプランが充実!

葬儀コンシェルでは、葬儀の規模に応じた適切なプランを提供してくれるのが魅力的なサービスです。基本的には必要最低限のセットプランとなっていて、分かりやすい価格設定となっています。葬儀会社の中には、不親切で利用して失敗したというケースもよくあります。

講義コンシェルでは、紹介している葬儀会社を厳選していて、JECIA(日本葬儀社格付機関)で5つ星に認定された葬儀会社から優先して選定していますので、安心して室の高いサービスを得ることができます。全国の葬儀社や寺院、司法書士、税理士と提携しているために、圧倒的に質の高さを誇っています。

事前の見積もりも欠かさず実施していただけるのも魅力的で、最後まで相違なく実行できるのも良いですね。地域密着の特約葬儀社や寺院により、各地の風習やしきたりに則った葬儀を提供してくれます。支払い方法も充実していて、現金一括だけでなくクレジットカード決済も可能です。葬祭扶助制度により、生活保護を受給されている方は自己負担無しで対応することも可能ですよ。

搬送のみの依頼も可能!

他の葬儀会社ではなかなか請け負ってもらえない遺体の搬送だけの対応についても、葬儀コンシェルではしっかりと実施してもらえます。遺族側からすれば、とてもありがたい存在ですよね。もちろん、それだけでもリーズナブルな費用設定となっているのがさすがの一言です。

急ぎの方向けのサービスもある!

急に亡くなった場合、すぐに手配しなければならなくなりますが、その時にすぐに連絡がつかないと意味がありませんよね。その意味で、葬儀コンシェルでは24時間年中無休でサポートしていただける体制を構築しています。

これだけなら他のサービスでもあるものですが、葬儀コンシェルでは急ぎの方専用のサポートダイヤルを用意しています。指定の電話番号に連絡すると、優先して対応を受けることができます。これならば、急な時でも安心して利用することができますね。

もし時間に余裕がある場合は、事前に資料請求すると、葬儀費用が5,000円引きになるサービスも行っています。資料の中には、葬儀を行う上でのノウハウや必要な知識を得ることができます。急ぎで資料を見たい場合は、郵送ではなくメールでの送付も受けることができますよ。郵送の場合でも、3日以内に無料で送付いただけるのも魅力的です。

安い葬儀場を選んでも失敗しない!どんな点に注意すべきなの?

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事