1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀のお布施は安い地域もある?知ってほしい相場やマナーとは
2019.02.21
149 views

葬儀のお布施は安い地域もある?知ってほしい相場やマナーとは

葬儀のお布施は安い地域もあるが相場は約47万円

地域・寺院・菩提寺の有無によってお布施は異なる

葬儀でのお布施は僧侶への謝礼です。日本消費者協会の調査によると、葬儀にかかる費用に含まれる僧侶へのお布施は約47万円となっています。葬儀費用も安いわけではないため、この相場は高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、この相場には高額なお布施をされている方も含んでいます。葬儀社が提示しているお布施は一般的に15万~20万円前後が相場です。

檀家であれば一律した金額を定めている寺院もあれば、普段からの付き合いで葬儀時のお布施は不要というケースもあります。また、お布施は寺院や地域、菩提寺の有無でお布施の金額は異なります。

葬儀社へ依頼する場合、葬儀プランに含まれているケースもありますが、僧侶手配やお布施については別途請求されることもあります。葬儀を依頼するときは、お布施は含まれるのか、僧侶は手配してくれるのかなど、プランに含まれる内容を確認しておくことが大切です。

安い葬儀でもお布施は必要!含まれる費用と不祝儀袋の書き方

お布施に含まれる費用を知っておこう

安い葬儀で済ませるにしても、僧侶を手配している場合、お布施は必要です。お布施にはお経を読んでいただいた謝礼の読経料、あの世での名前を付けるための戒名料に加えて、お車代やお食事代、心づけなども必要になります。

戒名にはランクがあり、一般的なものであれば相場内に収まりますが、「院号」や「院殿号」がついた最高位の戒名は追加費用がかかります。戒名は出家や仏教徒となるといただける名前ですが、一般的にはご逝去されてからいただくものです。宗派によっては戒名とは呼ばず「法名(ほうみょう)」や「法号(ほうごう)」と呼びますので、故人の宗派や信仰を事前に確認しておきましょう。

お布施を入れる不祝儀袋の書き方とは

葬儀でお布施を渡す場合、白無地の不祝儀袋に入れます。表書きには「お布施」「御礼」「読経料」「初回向料」のいずれかを書き、その下に喪主の氏名を書くのがマナーです。菩提寺の僧侶ではなく、初めてお願いする僧侶なら不祝儀袋の裏に喪主の住所と電話番号も記入します。牧師へは「献金」、神式では「御祭祀料」と書きましょう。どちらも中に入れているお布施の金額は記入しないようにしてください。

戒名をいただいた場合は別に「戒名料」を用意します。お車代やお食事代はまとめて入れていただいてもかまいません。「御車代・御膳代」とまとめて表書きとします。キリスト教式と神式でのお食事代は「御食事料」が適正な表書きです。仏教・キリスト教式・神式とそれぞれ不祝儀袋のマナーが異なりますので、覚えておきましょう。

安い葬儀でも知っていてほしいお布施のマナーと注意点

僧侶の「お気持ちだけで」は建前

費用を抑えて安い葬儀で済ませたい場合、お布施などで負担が増してしまうのは避けたいと考えます。僧侶へ「お布施はいくらほど包めばよいでしょうか」と伺っても、「お気持ちだけで」と答えるでしょう。そもそもお布施は謝礼に当たるため、金額を定めていること自体がおかしいと思っている方もいるのではないのでしょうか。

「お気持ちだけで」という言葉に甘えて、あまりにも安いお布施は失礼になることもあります。菩提寺があるなら、お布施の額は決められているため金額を聞くのは失礼にはなりません。どうしてもお布施の金額がネックである場合、思いきって僧侶を手配せずに葬儀を済ませることも可能です。

故人が信仰する宗派や菩提寺がある場合、別の寺院や僧侶に依頼したり、呼ばなかったりするとトラブルになることもあるので、信仰宗派や菩提寺の有無は確認しておいてください。

お布施を渡すタイミングはいつ?

葬儀社へ葬儀費用を支払うのは葬儀が終わってからになりますが、お布施は火葬前に行う炉前読経後が渡すタイミングです。地域によっては出棺前の「出棺経」となるため、地域の風習についても理解しておきましょう。地域によっては葬儀後の会食に僧侶が参加されなくても、お食事代を渡す場合があります。通常はお布施とは別で渡すものですが、気になるならお布施に含めて渡しても大丈夫です。

お布施を渡すときは、切手盆またはふくさの上にのせて渡すのがマナーです。渡すときは僧侶に文字が正面にくるように出すことを覚えておいてください。

葬儀後も法要のたびにお布施は必要

お布施は葬儀だけではなく、法事法要でも渡すものです。葬儀の際にまとまったお布施をお渡ししているので、法事や法要のお布施は3~5万円と葬儀のお布施よりも高くはありません。葬儀と異なり、法事や法要は長い付き合いのある菩提寺に依頼するケースが多いです。法事や法要の際も、お布施とは別にお車代を渡しましょう。

葬儀後も長く続く寺院や僧侶との付き合いが面倒に感じる方や、少しでも安い金額に抑えたい場合は葬儀社への相談をおすすめします。僧侶に聞きづらいお布施の金額はもちろん、安い葬儀で済ませたい方におすすめの葬儀プランを提案してくれます。

お布施が安い葬儀をしたい方必見!おすすめの葬儀社をご紹介

お布施を含めた葬儀の手配が可能!相談は無料の「いい葬儀」

もしものときは急に訪れるものです。いい葬儀なら葬儀の手配はもちろん、僧侶の手配も全国一律の定額費用でお願いできます。費用にはお布施をはじめ、戒名料も込みで安心。葬儀後の各法要についても相談できますし、主要宗派やその他仏教宗派にも対応しています。

葬儀の僧侶手配は火葬式で55,000円(税込)、一日葬で85,000円(税込)、家族葬で160,000円(税込)となっており、初七日や納骨法要についても対応可能です。四十九日法要やお盆、お彼岸などの各法要はお車代や御膳料、心づけはもちろん、お布施も含めて45,000円(税込)でお願いできます。事前に費用が明確なので、安い葬儀をご希望の方やご遺族に負担をかけたくない方で生前契約を検討されている場合にもおすすめです。

いい葬儀では、僧侶手配のご相談を24時間365日対応しています。お電話では氏名や住所など必要な情報に加えて、菩提寺の有無も聞かれます。不明な場合はご親戚などに伺っておきましょう。

急な葬儀や僧侶手配でお困りなら、まずはいい葬儀へ相談してみてください。

  • いい葬儀

    葬儀にも対応している日本最大級の葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 葬儀社による
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★★

    いい葬儀は、累積相談数30万件以上、顧客満足度No.1を実現している葬儀相談専門サイトです。 専用のフリーダイヤルで24時間365日、いつでも葬儀や搬送の相談が可能、遠距離や海外からの搬送にも応じています。 突然の葬儀や搬送の相談や質問だけでも受け付けているので、困ったときには、フリーダイヤルで相…

「小さなお葬式」ならセットプランで安い葬儀を実現

小さなお葬式は、菩提寺がない方やお布施をいくら包めばよいのか不安な方におすすめの定額プランがあります。葬儀プランは必要なものがすべて含まれたセットプランから選べますが、火葬料金やお布施などは含まれません。小さなお葬式が提案する「てらくる」では火葬式は総額55,000円(税込)、一日葬は総額85,000円(税込)、家族葬と一般葬は160,000円(税込)で僧侶を手配してくれます。

安い葬儀で済ませたい方には、僧侶を呼ばないコンパクトな火葬式もおすすめです。火葬のみのプランなら総額140,000円(税込)であげることが可能です。僧侶に供養をお願いしても188,000円(税込)で葬儀をあげられます。

ほかにも細かいニーズに対応した葬儀プランが豊富なため、ご希望の葬儀をあげることが可能です。全国の4,000式場以上から、ご予算やご要望に応じた安心価格のプランを提案してくれます。24時間365日フリーダイヤルで対応。葬儀やお布施について知りたいことがあれば、まずはお電話でお問い合わせください。

  • 小さなお葬式

    高額になりがちな葬儀費用を抑えることができる「小さなお葬式」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥140,000(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★

    小さなお葬式では、24時間365日、日本全国の葬儀に対応しています。4,000以上の提携式場は全国最多レベル、累計依頼件数は15万件を突破しています。 顧客満足度93.4%の実績で、安心低価格の葬儀を実現。14万円(税込)から利用できる安心のセットプランは、追加料金の心配がいりません。葬儀のことな…

お布施代が不安なら定額で僧侶を手配してくれる「葬儀コンシェル」へ

地域で異なる風習に対応してくれる葬儀社をお探しなら、葬儀コンシェルにお問い合わせください。葬儀コンシェルは地域に根差した葬儀社や寺院と提携しているため、地域特有の風習やしきたりに沿った葬儀をあげることが可能です。主要八宗派に対応。菩提寺がない方や僧侶とのお付き合いがない方でも安心して僧侶の手配をお願いできるサービスを提供しています。お布施の相場やマナーなどの不安もお電話でお気軽にご相談ください。

葬儀コンシェルなら、安い葬儀で済ませたいがしっかり供養をあげたいなどの不安に対し、ご予算やご要望に応じた葬儀プランを提案してくれるので安心です。急なご危篤やご逝去の際はもちろん、生前からじっくりと準備をしておきたい方には、プランやサービスなど詳しい資料を送ってもらえます。

「安い葬儀で済ませたい」「お布施や葬儀費用に不安がある」など、葬儀に対して不安をお持ちの方はこちらで紹介したお布施の相場やマナーを参考にしてみてください。最後にご紹介した3つの葬儀社へ相談してみるのもおすすめです。

  • 葬儀コンシェル

    セットプランでわかりやすい葬儀を実現している「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、経験豊富なスタッフが24時間365日、突然の葬儀に対応しています。 突然のご危篤やご逝去でも、フリーダイヤルで気軽に相談できるので安心です。 もちろん、葬儀の事前準備にも応じています。じっくり検討したい方は、資料の無料請求がオススメ。簡単60秒の入力で3日以内にパンフレットが届…

葬儀のお布施は安い地域もある?知ってほしい相場やマナーとは

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事