1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀におすすめ!ナレーションの内容や安い値段にするポイント
2019.02.21
37 views

葬儀におすすめ!ナレーションの内容や安い値段にするポイント

葬儀のナレーションとは

葬儀といえば、亡くなった人が遺族や友人、職場の上司や同僚など、生前関係のあった人に対して最後のお別れをする場所です。葬儀の一般的な流れといえば、亡くなった日に一日自宅に故人をとどまらせて、お別れをするお通夜やお葬式を行い、その後火葬場でお骨にします。

近年では少子高齢化の流れとともにお葬式を行う機会も増えました。それに伴って、お葬式をただ亡くなった人を骨にする儀式としてではなく、自分らしく最後のお別れをしたいと考える人も多くなりました。

今まで葬儀といえば、家族のほか親族、職場の人や友人、そして近所の人も招いて盛大に行うのが一般的でした。葬儀にかかる祭壇やお棺などの必要な設備や用具に関わる費用に加えて、お経をあげるお坊さんへ支払うお布施や、通夜振る舞いや告別式の食事代など、葬儀全体の費用も高額になってしまうことも多かったです。

しかも、お通夜、葬儀、告別式、さらに四十九日などの法要も加えれば葬儀自体にかかる時間も長く、多くの人を長時間拘束してしまうため、仕事などをやりくりして酸化しなければいけないといった面でも遺族にも参列者にも負担が大きなものでした。

この背景から、できるだけ遺族や参列者に負担を書けないための、ごく身内で行う家族葬や一日葬なども人気になっています。さらに、費用や時間などの面だけでなく、最後だからこそ自分らしく、こだわりのお葬式を開きたいと思う人も多くなり、葬儀の形も多様化されてきました。

自分らしくお別れができる葬儀の方法には色々あります。家族層や一日葬など、ごく身内や短い時間での葬儀を希望するのも自分らしい葬儀の方法のでしょう。さらに、葬儀そのものに形式ばったものだけでなく、多様な演出を加えることで、より葬儀に個性を出すこともできます。

葬儀で利用される演出には色々なものがあり、故人の生前の希望や遺族の意向を受けて、故人らしさが伝わる演出が選ばれています。その中のひとつにナレーションがあります。ナレーションとは、故人が葬儀に参列した人に向けて、最後のメッセージとして贈りたい言葉を流してもらったり、葬儀業者側に依頼して考えたナレーション分をそのまま朗読してもらったりといった方法があります。

ナレーションを葬儀に入れる3つのメリットとは

参加者が故人を偲べる

ナレーションには、故人の生い立ちや思い出のエピソードなど、故人がどんな風に生きてきたかを振り返れる内容になっています。葬儀に参列するのは、家族や友人、職場の人など故人に少なからず関係のあった人たちばかりです。

ナレーションを導入することで、葬儀の中でも参加者が故人との思い出を懐かしんだり、意外な故人の人柄が知れるエピソードが聞けたりといった演出効果が期待できます。葬儀の中でも、参加者が故人を思い思いに偲ぶ機会として、ナレーションは効果的です。

場を和ませられる

お葬式は亡くなった人への儀式のため、本来なら悲しみがつきものです。特に、急病や事故などで突然亡くなってしまったり、闘病生活の果てに若くして亡くなったり、といった事情が背景にあるなら、遺族や周りの人の悲しみはとても大きなものになってしまうでしょう。

どうしても悲しみが全面に出てしまうお葬式でも、ナレーションを入れることで故人へのメッセージを伝えたり、思い出を懐かしんだりできるため、悲しみの場だけでなく残された人が故人を明るい気持ちで送り出せるきっかけになることもあります。

さらに、葬儀は焼香や読経など、どうしても儀式的に単調となりがちです。不謹慎ですが、中には少々の退屈を感じてしまう参列者もいるでしょう。そこでも、ナレーションを葬儀中のアクセントとして入れることで単調になりがちなお葬式の中で良い演出となり、参列者の気持ちを和ませたり、切り替えたりする効果も期待できます。

後で振り返りやすいお葬式になる

近年では、故人との思い出を保存しておくひとつの方法として、葬儀全体を録画して、後程DVDやブルーレイとして残せるサービスを提供している葬儀会社も多くなりました。単調やお葬式の場合は、DVDやブルーレイに録画しておいても、退屈な内容になってしまうため、後から見返そうという気にならない、という場合もあります。

一方で、ナレーションなど故人の人となりが分かったり、葬式に良いアクセントとなる演出が加わったりすれば、お葬式も故人のイベントのひとつとして、後から振り返りやすい内容になります。DVDやブルーレイなどで、故人の思い出としてお葬式の映像を残しておきたい時にも、ナレーションを取り入れるのがおすすめです。

ナレーションを葬儀に入れる前の3つのポイント

内容を考えておく

自分のお葬式にメッセージやエピソードとしてナレーションを流してほしいときには、あらかじめどんな内容をナレーションにしてほしいかを残しておきましょう。思い出深かったエピソードや、仲の良かった友人やお世話になった人、食べ物の好みや趣味、配偶者とのなれそめなどを考えて、ナレーションとして流してほしい内容としてまとめておきます。

また、故人からの内容などが残っていない場合で遺族の立場としてナレーションを考える場合は、同じく故人の好みや趣味、思い出のエピソードに加えて遺族から見た故人の人柄なども内容に取り入れると、より参列者が故人を振り返りやすいナレーションに仕上がります。

費用面を把握しておく

ナレーションを葬儀の演出として取り入れたいなら、ナレーションがすでに葬儀のオプションとして入っている葬儀会社のプランを選ぶのもひとつの方法です。ただし、あらかじめナレーションが含まれているプランの場合、ほかにも不要なオプションが含まれることも多いため、結局葬儀費用が割高になってしまう場合があります。

できるだけ葬儀の費用は押さえたい、葬儀の規模も小さめにしたいけれどもナレーションを入れたい場合は、あらかじめ最低限のオプションのみで費用も規模も抑えられるプランを用意している葬儀会社を選ぶのがおすすめです。

例えば、「葬儀コンシェル」なら基本的なプランはすべて含まれていて、費用をできるだけ抑えたプランを用意しています。さらに、家族葬、自宅家族葬、一日葬と葬儀の参列者や期間、規模に応じてプランを選べます。基本的なオプションのみがそろっているプランを選んで、必要に応じてナレーションなどの演出を追加するようにすれば、安い費用でもナレーションを葬儀の演出として取り入れられるでしょう。

  • 葬儀コンシェル

    セットプランでわかりやすい葬儀を実現している「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、経験豊富なスタッフが24時間365日、突然の葬儀に対応しています。 突然のご危篤やご逝去でも、フリーダイヤルで気軽に相談できるので安心です。 もちろん、葬儀の事前準備にも応じています。じっくり検討したい方は、資料の無料請求がオススメ。簡単60秒の入力で3日以内にパンフレットが届…

信頼できる葬儀会社を選ぶ

ナレーションを依頼するときは、葬儀会社から内容を聞かれて例文などを作ってもらい、実際の葬儀で朗読してもらいます。納得のナレーション内容にするには、事前に何度も相談ができる、内容も希望をしっかりと取り入れられ満足のものができる信頼できる葬儀会社を選ぶのがポイントです。親身になって相談を受けてくれる葬儀会社を探して依頼しましょう。

費用面でも内容でも納得のナレーションを葬儀で行おう

葬儀の演出として取り入れられているナレーションの概要やメリット、葬儀で取り入れる上でのポイントをご紹介しました。ここで内容をまとめておきます。

  • 葬儀のナレーションとは、お葬式の中で故人の人柄や好み、思い出のエピソードなどを文章にまとめ、朗読する演出
  • ナレーションを取り入れると、参列者が故人を偲べる、場が和む、後から振り返りやすいなどのメリットが得られる
  • ナレーションを葬儀で入れたいときは、内容をあらかじめ考えておく、費用を把握しておく、信頼できる葬儀会社を選ぶのがポイント

以上を踏まえれば、葬儀でも納得のナレーションを流して、最高の演出として参列者に提供できるでしょう。

葬儀におすすめ!ナレーションの内容や安い値段にするポイント

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事