1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀費用を安く抑えるためのおすすめテクニックはあるの?
2019.02.21
41 views

葬儀費用を安く抑えるためのおすすめテクニックはあるの?

大きくかかるのが葬儀一式費用

遺体の搬送費用は?

臨終を迎えるシーンとしては、約8割が病院であることで知られています。病院側としては余裕があれば搬送までずっと預かっていただけますが、なるべく早く葬儀社を決定して自宅に搬送もしくは斎場などで保管を依頼しなければなりません。遺体を搬送する際には、死亡診断書が必要となりますが、これは臨終の際に立ち会った医師に作成して貰う必要があります。

死亡診断書を受け取ったら、遺体を搬送することになりますが、実は自家用車などで搬送するのは法律上制限がありません。但し、死亡診断書があることが前提となりますし、広い車が必要となります。他では、タクシーなどの商業車の場合は、運輸局への届け出をする必要があります。

そこで頻繁に利用されているのが、葬儀社の霊柩車で搬送してもらう方法です。プロが親切丁寧に対応してもらえますし、場合によっては遠くまで搬送してもらえるのが魅力的です。葬儀社によって微妙に費用が異なりますが、一般的には10Kmまでの搬送距離であれば定額となっています。

もし10Kmを超えた場合は距離に応じて5,000円程度がプラスされていく形で料金が決定します。葬儀社によっては、100kmを超える搬送にも対応してもらえますが、その場合は高速料金なども更に付加されることがありますし、長距離となるとドライバーが2人体制となって更に人件費が掛かる可能性があることを覚えておきましょう。

海外からの搬送というケースもありますが、その場合は空輸での搬送がメインとなり、高い費用となることを覚悟しなければなりません。

葬儀費用は?

葬儀自体の費用としては、お通夜と告別式を含めて計算する必要があります。まず大きくかかる費用としては、斎場費があります。斎場としては、大きく分類して民間と公営に分類されます。公営は自治体が運営していることもあり、費用面ではリーズナブルな価格となっていて、高くても10万円程度の費用となります。

民間の場合は、公営よりも割高となってしまい、20万円程度かかることになります。公営の場合はリーズナブルな半面、人気があるので予定が詰まっている可能性があるのが難点ですので、早めのリザーブが可能であれば予約しておくのも費用を抑えるためには有効的な手段であると言えます。

斎場費の他にも、祭壇を準備する必要があり、これは20万円程度かかります。他にも祭壇周りの準備が必要となります。これは、葬儀社が一手に準備してもらえるものですが、遺影、棺、骨壷、葬儀用の供花、位牌、枕飾りなどを準備します。合計で7万円程度かかりますが、あくまでも基本セットの料金であり、骨壷などはより高価なものを選ぶとなると更に費用が増していきます。

遺体は常温での保管は腐敗が進行していくために、ドライアイスで冷やす必要があります。この費用としては、1日1万円程度かかりますので、お通夜と告別式を合計して2万円は見込む必要があります。他にも、葬儀が終了して火葬場までの送迎車を利用する場合は、10万円程度の費用が発生します。

火葬費用は?

一通りの葬儀が完了したら、火葬を行いますが、地域によっては先に火葬を済ます場合もあります。火葬の場合も公営と民営で費用が大きく異なり、公営の場合は5万円程度と待合室の利用料が1万円程度かかります。民営の場合は、火葬場利用料が15万円程度、待合室が2万円程度かかり、やはり公営の方がリーズナブルに実施することができます。

意外にかかるのが飲食費用!

通夜ぶるまいの費用は?

葬儀自体の費用の他にも、飲食代というのが意外とかさばる費用としてのしかかってきます。その中で、通夜ぶるまいと呼ばれる、通夜に参列いただいた方に向けての飲食代というのが高くつくと言われています。故人との最後のお別れを食事や飲み物を口にしながら行うことになりますが、お酒も提供されるのが一般的です。

準備する数としては、予定されている参列者の2/3程度あれば良いとされています。昔は魚や肉などは通夜ぶるまいとしては避けられていたのですが、昨今はあまり意識せずお肉を使用した料理やお寿司なども提供されることが多くなっています。イメージとしては、お膳料理という感じではなく、大皿で提供して小皿に盛り分けて提供するスタイルを採用しています。

アルコールに関しても提供するのが一般的で、その分だけ費用面ではかかってしまいます。ただ、料理はあまり食べなくてもアルコールだけは口にして席をたつ方も多いので、アルコールは多めに準備するのが一般的です。以上を鑑みて、費用としては一人あたり3,000円程度の料理と飲み物を用意します。また、トータル費用としては30万円以上かかることが多くなっています。

告別式の費用は?

告別式の料理費用としても、通夜ぶるまいと同じケースが殆どです。通夜ぶるまいが夜に行われるケースが大半なのに対し、告別式はお昼前には完了してちょうどお昼時に料理を提供します。それでも、アルコールはしっかり準備しておく必要があります。

最悪なパターンとしては、料理の数が足りないケースです。よって、通夜ぶるまい同様に参列予定者の2/3程度の料理は準備しておきましょう。

火葬場での費用は?

火葬場では、火葬している間に軽く飲食を行うことがあります。最長でも90分程度ですので豪勢に振る舞うというよりは、お茶と軽くお菓子を用意する程度のことが多いですが、地域によってはお酒を振る舞うこともあります。それでも、合計で1万円程度の費用が必要となります。

香典返しと寺院費用は?

香典返しの費用は?

香典として頂いたものに対し、香典返しを行うのが一般的です。額としては、頂いた香典の半分を商品券などで返すことになりますが、関西方面では3分の1返しが一般的となります。半返ししておけば無難ですが、地域性を鑑みて葬儀社と相談しながら決定すると良いでしょう。

渡すタイミングにも地域性などが大きく関わっていて、葬儀の当日に渡す場合と四十九日法要後にわたすケースがあります。また、香典返しにはタオルなどを渡すことが通例となっていて、その費用として1,000円程度見込んでおく必要があります。

寺院費用は?

葬儀時には、普段から付き合いのある寺院のご僧侶を招き、読経や戒名授与を実施してもらいます。その時にお礼として渡すお布施についても、費用計上しておく必要があります。大きな流れとしては、通夜における読経、告別式や火葬時の読経を担当していただくことになります。

費用相場は50万円程度かかると言われていますが、これは地域性も大きく関わりますので、あくまでも目安として葬儀社に確認しておく必要があります。また、葬儀社によっては定額料金ですべて対応してもらえることもあります。

困ったときの駆け込み寺!いい葬儀

  • いい葬儀

    葬儀にも対応している日本最大級の葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 葬儀社による
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★★

    いい葬儀は、累積相談数30万件以上、顧客満足度No.1を実現している葬儀相談専門サイトです。 専用のフリーダイヤルで24時間365日、いつでも葬儀や搬送の相談が可能、遠距離や海外からの搬送にも応じています。 突然の葬儀や搬送の相談や質問だけでも受け付けているので、困ったときには、フリーダイヤルで相…

最適な葬儀をプランニング!

様々なスタイルがある葬儀ですが、どれが最適であるかは意外と悩みますし、特に地域によって大きな差を生むものですので、気軽に相談できる葬儀社があると便利ですよね。其の意味で、いい葬儀という会社は家族にとっていちばんいい葬儀をモットーとして、親身になって対応していただけるのが魅力的です。

いい葬儀では、全国5,000箇所以上の葬儀場や斎場を紹介していますので、その中から最適なものを選んでくれます。すでに18年もの実績があり、葬儀社としても1,000以上も提携しているのも魅力的です。総相談数もすでに38万件以上もあり、ノウハウも多いのが良いですね。

事前見積でお得になる!

急ぎの葬儀にも適切に対応していただけますし、事前に見積を取ることも可能なのがいい葬儀の魅力の一つです。事前見積としては、厳選した最大3社からの見積もりをチェックできます。しかも、事前の見積もり請求で2,000円のギフト券も獲得することができます。情報収集するには最適な会社であると言えますね。

口コミ数の多さも魅力的!

いい葬儀は、実績が多いだけでなく18,000件以上の口コミも掲載されています。口コミは良いものもあれば手厳しいものもあるわけですが、いい葬儀ではサービス向上に向けて改善の種とする意味でこの口コミを活用されています。お客様目線を第一として、常にサービスをアップデートしている姿勢は高く評価できますね。

特に評判が高い点としては、24時間いつでも電話対応していただける点があります。もちろん夜中で年末年始などの一般的な企業が休みに入っている中でも、適切に対応していただけるのが良いですね。

みんなが選ぶ!小さなお葬式

  • 小さなお葬式

    高額になりがちな葬儀費用を抑えることができる「小さなお葬式」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥140,000(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★

    小さなお葬式では、24時間365日、日本全国の葬儀に対応しています。4,000以上の提携式場は全国最多レベル、累計依頼件数は15万件を突破しています。 顧客満足度93.4%の実績で、安心低価格の葬儀を実現。14万円(税込)から利用できる安心のセットプランは、追加料金の心配がいりません。葬儀のことな…

徹底したブラッシュアップにより費用を削減!

小さなお葬式は、関西方面でサービス提供している会社ですが、全国に4,000もの提携式場を確保しているので、お近くの会場から最適なものを選んでもらえます。また、小さなお葬式は徹底した費用削減を目指して、ブラッシュアップしたサービス提供に務めています。

費用という面では、細かな点にまでメスを入れて、今まで当たり前と思われていた費用にまで切り込んで圧縮しています。それを聞くとサービスの質低下を疑いたくもなりますが、93.4%の方が小さなお葬式の葬儀に満足したと回答し、更に94.3%の方が知人に紹介したいというアンケート結果があります。

これもあって、安心して葬儀を任すことができるのが良いですね。その評判は非常に高く、多くの新聞やテレビなどのメディアでも取り上げられています。

プランが充実!

小さなお葬式では、プラン内容も充実しているのが魅力的です。最近一般的になりつつある一日葬では33.8万円から実施することが可能ですし、他にも家族葬や一般葬プランもあります。最も費用がかかると言われている一般葬でも、63.8万円から実施できるのがすごいですね!

費用を圧縮するという面では、火葬式やお別れ葬も用意されています。これだけ多くのプランがあると、どの儀式を省略するのかが分かりにくいわけですが、小さなお葬式では動画でプランの流れを紹介しているので、相違なく依頼することが可能な点が良いですね。

資料請求でリーズナブルに!

小さなお葬式では、ホームページだけでなく無料でパンフレットを提供しています。小さなお葬式の良さを実感できるだけでなく、各地域の葬儀場情報や見積もりなども入手可能です。更に、エンディングノートも提供しているのが印象的です。この資料請求をすると、葬儀費用が5,000円引きとなる割引券が付与されますよ。

スタッフさんの顔が見える!

インターネット社会になって以降、すべてがインターネットで完結することが多くなっています。その中で、人間関係が希薄になっている事実もありますが、この小さなお葬式ではホームページ上で対応していただけるスタッフさんの顔やコメントなどを見ることができます。これにより、より親身になって対応してもらえる感じを受けますよね。

追加料金がかからない!葬儀コンシェル

  • 葬儀コンシェル

    セットプランでわかりやすい葬儀を実現している「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、経験豊富なスタッフが24時間365日、突然の葬儀に対応しています。 突然のご危篤やご逝去でも、フリーダイヤルで気軽に相談できるので安心です。 もちろん、葬儀の事前準備にも応じています。じっくり検討したい方は、資料の無料請求がオススメ。簡単60秒の入力で3日以内にパンフレットが届…

単純明快な料金システム!

葬儀の場合、プランとして組み込まれていない料金がかかったりする事があり、結局トータルとして費用が増大する傾向があります。その点で、葬儀コンシェルという会社では追加料金がかからないという方針を打ち出している非常に頼もしい存在となっています。最も人気となっている家族葬の場合は、事前に申し込むことによって、48.8万円で実施することができます。

他にも、規模の大きな一般葬でも63.8万円、身内葬で58.8万円、自宅家族葬にすると38.8万円で実施できます。もっと簡略化した方法としては、一日葬で33.8万円、火葬式では18.8万円ととてもリーズナブルな費用となっています。これに関しても、追加費用が発生しないというのですから驚きですね。

遺品整理なども担当してもらえる!

葬儀が完了した段階であとは自分で実施しなければならないことは、実に多いものです。その中で、遺品整理はかなり負担がかかりますし、業者に依頼するにも更に費用が発生してしまいます。実は、葬儀コンシェルでは遺品整理についてもリーズナブルな費用で対応していただけます。

プラン料金にはさすがに含まれていませんが、別途違う会社に依頼するよりも費用を圧縮できますし、改めて契約する必要がない点も魅力となっています。

メールでも相談することが可能!

急な葬儀になる場合は電話連絡が手っ取り早い方法となりますが、ある程度時間がある場合はメールでの相談ができるととても便利なものです。葬儀コンシェルでは、メールでの相談や見積もりも可能である点が評価されています。パンフレットの請求も可能であり、送付方法としても郵送とメールから選択することができます。

更に、事前に資料請求すると、葬儀費用が最大1万円も割引になる制度を採用しています。急ぎの場合は、専用ダイアルが用意されていて、最短30分で現地まで出向いてくれるサービスも好評を博しています。

葬儀費用を安く抑えるためのおすすめテクニックはあるの?

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事